'; ?> 2014年11月アーカイブ: MEDIVAの在宅・地域包括ケアコンサルティングブログ
企業コンサルティングブログ
2014年11月

「904億円基金」の行方と自治体に求められること

2014年11月18日

企業・行政コンサルティングチームの村田です。

 

 20141017日、厚生労働省は「新たな財政支援制度における基金の配分」を都道府県に内示しました。消費税増収分544億円、その他の一般会計からの上乗せ分360億円で計904億円の予算(2014年度)が計上されていることから、「904億円基金」とも呼ばれています。

本基金は社会保障制度改革国民会議の20138月の報告書で「今後の医療・介護サービス提供体制の改革は、診療報酬や介護報酬だけではなく、"基金方式との適切な組み合わせ"で進めること」と提言されたことをうけて、創設されました。

 対象となる事業は以下の3事業とされており、

続きを読む "「904億円基金」の行方と自治体に求められること"

ページの先頭へ戻る