サービス

メディヴァの企業・行政向けコンサルティングサービスについて

ビジネスコンサルティング

予防、医療、介護等のヘルスケア領域での新たな商品・サービスやビジネスの立ち上げ、改善をご検討されている企業様向けに、事業内容やビジネスモデルの構築、ブラッシュアップ、事業計画の作成サポート、営業・マーケティング戦略の立案等を行います。

調査・分析(市場調査・ニーズ調査等)

医療機関・介護施設へのインタビューなど、業界におけるネットワークも活用した質的調査を設計・実施する他、専門性が高い文献やデータに基づくデスク調査も実施します。

医療・介護政策立案・実行支援

中央官庁向けに政策立案・実行、自治体向けに地域包括ケアシステムの構築の支援等を行っています。
特に在宅医療分野に強く、在宅医療やオンライン診療の推進、地域医療のデジタライゼーション(ICTの導入等)多職種の連携強化では多くの案件をサポートしています。

当社代表の大石佳能子は、内閣府の規制改革推進会議・医療介護ワーキンググループの座長を務めています。

大石ブログ「医療・ヘルスケア事業の現場から」

介護現場における生産性向上・業務効率化支援

自治体や事業者様を対象に、ICTや介護ロボット等を活用した介護現場の生産性向上と業務効率化、介護現場における「新しい働き方」の導入をサポートしています。

※福岡県北九州市の事例(ICT、介護ロボット等を活用した介護現場の働き方改革により、介護生産性を1.4倍に改善

メディヴァの介護事業コンサルティングサービス

アドバイザリー

ヘルスケア領域における制度や慣習・文化についての知見やネットワーク作りを求められている企業様向けに、対面ミーティングや意見交換、メールや電話での相談・アドバイスを行います。

企業様向けアドバイザリーサービス

プロジェクト事例はこちら