医療・ヘルスケア事業の現場から

医療・ヘルスケア事業の現場から

新型コロナ収束後のオンライン・電話診療 2020年度診療報酬改定をふまえて

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、オンライン診療の臨時的措置での規制緩和が実施されています(0410通知)。ただし、こちらの規制緩和は臨時的措置であることから、緊急事態宣言が解除された今、今後の動向次第では従来の診療報酬に戻ることが見込ま...
医療・ヘルスケア事業の現場から

生きたMERSの教訓:サウジアラビアの新型コロナウイルス対策│GLOBAL

メディヴァ海外事業部コンサルタント 宮田佳歩 中国、日本から遅れてコロナウイルス感染が確認された中東諸国でも、感染拡大に歯止めがかかりません。5月21日時点で感染者数はイラン12万人以上、サウジアラビア6.2万人以上、アラブ首長国連...
医療・ヘルスケア事業の現場から

認知症にやさしいデザイン その意義と導入事例

メディヴァ 海外事業部木内大介 2017年7月、東京世田谷区の2つの施設(グランクレール世田谷中町と看護小規模多機能型居宅介護事業所ナースケア・リビング世田谷中町)が、日本で初めて、英国スターリング大学から認知症デザインのゴールド認...
医療・ヘルスケア事業の現場から

新型コロナ 日本の重症化率が低い理由(わけ)

新型コロナが、武漢で初めて確認された2019年11月から約半年が経ちました。この病気についてはまだまだ分からないことも多いですが、当初よりはだいぶ分かってきました。まず確実に分かっていることとしては、(1)感染力が非常に強いことだから手洗...
医療・ヘルスケア事業の現場から

過去の経験を活かし、国民の命を一番に考えた政策_世界でも称賛されるベトナムの新型コロナウイルス対策│GLOBAL

メディヴァ海外事業部コンサルタント 若宮 亜希子 メディヴァの海外事業部はベトナムにメディヴァベトナムという子会社を持ち、南ベトナム最大都市ホーチミン近郊にあるビンズンという街で「ビンズンアーバンクリニック」を運営しています。ビンズ...
医療・ヘルスケア事業の現場から

ベトナムを高齢者サービス市場として眺めてみると│GLOBAL

株式会社メディヴァ 海外事業部コンサルタント鈴木勝也 現在、介護分野での海外人材の受け入れ、および海外での介護事業の展開を目指す動きが活発になっており、在留資格に介護を追加する(介護福祉士の資格保有者)ことが2017年9月、また技能...
医療・ヘルスケア事業の現場から

サウジアラビア女性健康増進事業整備促進プロジェクト(3)│GLOBAL

海外事業部コンサルタント 木内大介 メディヴァでは、経済通産省の平成29年度医療技術・サービス拠点化促進事業の一環で、サウジアラビア女性健康増進事業整備促進プロジェクトを行いました。こkプロジェクトに着手した経緯と背景、このプロジェ...
医療・ヘルスケア事業の現場から

介護現場の働き方改革 業務改善×人員配置再編×ICTによる生産性向上

コンサルタント 鮑 柯含 新型コロナウイルスの流行以来、介護現場は大きな影響を受けています。利用者の安全管理は勿論、職員の健康管理、そして限られた職員数の中でいかに介護の質を落とさずに効率的に運営していくかが課題となっています。メデ...
医療・ヘルスケア事業の現場から

PCR検査は何故、増やせないか?

PCR検査は何故、増やせないか?これ、日本国民がみんな(もしかすると安倍首相も?)が思っている疑問ですよね。 規制改革推進会議の医療介護WGにも「医師が検査をしなくてはいけない、という規制がボトルネックでは?」という意見が投げられま...
医療・ヘルスケア事業の現場から

緊急事態宣言は5月中旬に解除できる?!(新指標のご紹介)

「8割おじさん」こと西浦北大教授が主張されているように、ウィルスの感染というものは指数関数的に増えるものです。ただ新型コロナに関しては、自粛の効果や(多分)自然免疫等によって「指数関数的な爆発」は避けられているのではないか、ということを皆...
タイトルとURLをコピーしました