医療・ヘルスケア事業の現場から

医療・ヘルスケア事業の現場から

高齢者施設における看取りの現状と課題

企業行政チーム医師兼コンサルタントの神野です。  20世紀に発展してきた病院中心の「治す医療」から、地域全体で「治し支える医療」へのパラダイムシフトの過渡期に入り、現在各自治体において地域包括ケアシステムの構築が進められています。高...
医療・ヘルスケア事業の現場から

健診センターのKFS ‐健保向けマーケティングの視点‐

コンサルティング事業部 猪股 幹基 ‐健診センターのキーファクターは収益確保の戦略的営業にある‐ 人間ドック(以下、ドック)がメインである健診センターのKFS(Key Factor for Success:主要成功要因)は「健保契約...
医療・ヘルスケア事業の現場から

「一からの開業」「継承からの開業」の選択について  3つの視点からの考察

医療機関チーム コンサルタント 金子隆一  開業を考える先生方にとって、新しい不動産(土地やビル)を探して一から始める開業(以下、「新規開業」とさせていただきます)か、親族や先輩医師または完全なる第三者がこれまで診療を行ってきた医療...
医療・ヘルスケア事業の現場から

企業行政チーム医師兼コンサルタントの澤井です。  日本人の死因の第1位は悪性新生物(がん)であり、死因の30%を占めています。がん死亡者は今後も増加することが推計されており、現在の死亡者数は36万人ですが、2040年には50万人に達...
医療・ヘルスケア事業の現場から

平成28年度診療報酬改定が病院・診療所経営に及ぼす影響(在宅医療を除く)

医療機関チーム コンサルタント 伊丹晃仁  平成37年(2025年)に向けて、国や各自治体が地域包括ケアシステムの整備を進める中、今回の診療報酬改定は小幅な改定にとどまった印象です。ただ、次回は医療・介護の同時改定が控えています。今...
医療・ヘルスケア事業の現場から

平成28年度診療報酬改定(在宅医療編)

 週末は晴れて温かく、東京マラソン日和の一日でした。 私も佃大橋のたもとで応援しました。一転、週明けからは天気が崩れてきて寒いですね。皆様はいかがお過ごしでしょうか? さて、2年に一度、定例の診療報酬改定の概要がおおよそ明らかになりました...
医療・ヘルスケア事業の現場から

平成28年度診療報酬改定 在宅医療編

企業・行政コンサルティングチーム 荒木庸輔  平成28年度診療報酬改定の答申が発表されました。在宅医療においては、外来応需の義務を負わない在宅医療専門の診療所の制度化や、患者の重症度、訪問回数に応じた医学管理料のさらなる細分化などが...
医療・ヘルスケア事業の現場から

外国からの介護人材受入れに関する日本再興戦略

介護事業部・海外事業部 コンサルタント 鈴木勝也  外国人を介護人材として受け入れる、という計画が年の日本再興戦略に記され、多くの介護事業者の関心を集めました。実現には様々な制度の見直し等が必要で、現時点(2016年2月)でまだ受け...
医療・ヘルスケア事業の現場から

『ファクトパック~在宅医療と地域包括ケア ファクトと提言~』作成しました

 この度、メディヴァでは「地域包括ケアと在宅医療」に関するファクトパックをまとめました。 ご存知の通り、日本は急速に高齢化しています。高齢化に上手に対応している 北欧やオランダなどの国と比べて、日本ははるかに速いスピードで高齢化が進んでい...
医療・ヘルスケア事業の現場から

第40回 スタッフのビジネスマインド

コンサルティング事業部 町野聡  今回は医療から少し視野を広げ、地域包括ケアシステムを実現するうえでも重要な役割を担う介護支援専門員(以下「ケアマネジャー」という。)を例に、「スタッフのビジネスマインド」について考察してみたいと思い...
タイトルとURLをコピーしました