BLOG

BLOG

介護現場での効率化を図る、「北九州先進的介護モデル」構築プロジェクトに参画

高齢化が進んでいる北九州市では、ロボット技術やアウトソージングを導入しながら、介護職員個々人の効率と質、そしてやりがいを高める「北九州先進的介護モデル(北九州モデル)」の構築に取り組んでいます。メディヴァのコンサルティングチームは、2018年より同市のプロジェクトに参画し、調査・分析からモデルの策定、実証の推進と結果評価まで、全面的にサポートしています。
タイトルとURLをコピーしました