ヘルスケアの「明日」を語る

緊急事態宣言の延長…延々たる自粛は正しいか?

2020.05.08
延々たる自粛は正しいのか?本当に命は救えるのか?経済はグチャグチャになってもいいのか?
緊急事態宣言が延長になり、益々疑問に感じてます。
 
こちらは友人から回って来た論文です。
米国で著名な実証経済学系の学者によるSIRモデルのシミュレーション。
(全部読もうとすると、経済学的シミュレーションで挫折するので、はじめのページと最後の結論だけで十分です。)
 
ハイリスク層(特に高齢者)は徹底的にソーシャル・ディスタンスを保ち、それ以外は自由に。
 
例えば、ハイリスク者専用のお買い物タイムとか、その他の人との接点を最小化するサポートなど。
これが、死亡者も経済的損失も最小化できるという結論。極めて常識的な結果です。
 
特に日本の場合は、ロックダウンと言っても、個人に対して法的拘束力はないので、漏れまくります。
ハイリスクの高齢者も出歩くし、出歩くと若い人と混じるし、若い人をずっと自粛させることは困難で、また自粛すると成り立たない仕事もあります。
 
そろそろここらでリスクによって扱いを変えるというターゲット型発想に転換してもいいのではないでしょうか?