ヘルスケアの「明日」を語る

ベトナムで、健診センター事業を始めます

2016.11.07

もう冬ですね。寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

私はここ3日間、ベトナム、ハノイに行ってました。

現地の気温は23℃ほど。晴れていましたし、過ごしやすい気候でした。しかし、この温度でもハノイっ子には寒いのか、モコモコにダウンを着込んでバイクに乗っていました。

今回の旅程は夕方、成田から出て、ハノイに深夜に着き、一泊。翌日、仕事して、晩御飯後に空港へ。午前0時の便で帰国しました。実滞在時間25時間ほど。この間、大阪に行った出張よりも短いくらいです。

仕事は、在ハノイの国立バックマイ病院との基本合意書調印式。バックマイ病院は1911年に設立された歴史のある病院で、ベトナム医療界のトップ病院とのこと。今の病棟はJICAのODAで建ちました。

毎日の外来患者数は5000人を越えます。今回で訪問は3回目ですが、いつ行っても、敷地内は人とバイクがあふれています。病床も足らないらしく、一つのベッドに2、3人収容することも。ベッドの下には、患者家族が寝ていることもあります。

キャパシティ不足を補うために、2018年春に向けて新棟が竣工する予定。ベトナム政府の予算がつかずずっと棚ざらしになっていた案件だとJICAの現地事務所に聞いてましたが、私たちが半年前に訪問した頃に奇跡的に動き出し、あれよあれよという間に整備、建築が始まりました。

基本合意の内容は、新棟に健診センターを作ること。建物、内装、人材はバックマイ病院が出し、機材とオペレーション・ノウハウ、医師・技師等の教育は私たちの役割です。

この健診センターは、バックマイ病院も私たちも「事業」としてやります。昨日会った保健省副大臣が「ベトナムも漸く国力がついてきた。ODAで“貰う”のではなく、“事業”としてできるようなった。その第一歩として考えたい」と仰っていました。これがバックマイ病院だけではなく、ベトナム全土に広がるモデルとして作っていきたいと思っています。

また機会があれば、進捗をご報告させてください。

執筆:大石佳能子(株式会社メディヴァ代表取締役)