ヘルスケアの「明日」を語る

『ファクトパック~在宅医療と地域包括ケア ファ クトと提言~』作成しました

2016.02.09

この度、メディヴァでは「地域包括ケアと在宅医療」に関するファクトパックをまとめました。

ご存知の通り、日本は急速に高齢化しています。高齢化に上手に対応している 北欧やオランダなどの国と比べて、日本ははるかに速いスピードで高齢化が進 んでいます。これは例えるならば「走り幅跳びを助走無しで跳べというようなもの」で、社会のインフラも人々の意識も追いついてな い中で高齢化に対応しな くてはなりません。

高齢化社会に対応して高齢者が安心して住み続けることが出来る仕組みとして 「地域包括ケア・シ ステム」やそれを支える「在宅医療」が重要と言われていますが、そのあり方も模索中です。

こういう状況の中で、正しく環境を理解し、正しく対応するには、まずは何が起こっているかを「正しく理解」しなくてはなりません。
今後 どういう仕 組みを作るべきか、またその中で必要となる商品・サービスは何かを考えるためにも、現状の「ファクト」(事実)を正確に把握することが必須だと感じています。

そういう思いで、この度『ファクトパッ クー在宅医療と地域包括ケアファクトと提言ー』を作成いたしました。これまでの在宅医療コンサルティングや地域包括ケア構築支援の経験を通して書き溜めてきた
チャートの集大成です。

ご興味のある方には、期間限定ですが無料でお送りしていますので、下記の要領でお申込みください。

 ・ファクトパック申込専用アドレス zaitaku-info☆mediva.co.jp (☆を@に変えてください)に
 ・タイトルを「ファクトパック希望」として、
 ・氏名、所属、 肩書、電話番号、郵便番号、住所、メールアドレスをご記入の上、

ご一報ください。

尚、在庫が不足した場合ご希望には添えないこともございます旨、予めご承知いただけますと幸いです。

 

執筆:大石佳能子(株式会社メディヴァ代表取締役)