ヘルスケアの「明日」を語る

メディヴァ、新卒採用を始めます!

2014.05.23

メディヴァではこのたび新卒の定期採用を始めます。私からも新卒採用についての考えをお伝えして、良い人がいれば紹介をお願いしたいと思います。

今までも新卒(大学、大学院)社員は入社していたのですが、「新卒募集」はしておらず、やりたい仕事に明確なイメージを持って高いアンテナでメディヴァを「見つけ出し」てくれた新卒社員が入社していた感じでした。

自らメディヴァを見つけ出してくれた積極的な新卒社員たちが大活躍する姿を見て、メディヴァにフィットする新卒社員をもっと増やしたいと思うようになりました。多少は若い人を育てる余力が出てきたということもあります。

新卒募集を始めることを決めたら次は、どうやって募集するか?ですが、コンセプトは「大手の就活サイトに頼らない」新卒採用です。

ネットでのエントリー方式は、応募のハードルが低いため非常に幅広い多数の学生さんが応募し、結果としては「特段メディヴァに入りたい訳ではない」もしくは「ヘルスケアに興味がない」人も集まります。メディヴァ内には、その中から良い人を選別するキャパシティも経験もありません。また、出来るだけ「自分でメディヴァを見つけ出した学生さん」に近い人を集めたい、という考えもあります。

この間、ハーバードの同級生だった慶応SFCの国領教授と話していた時に、「世の中ネットが出て、ゲームとか社会が悪くなったと言われるけど根拠はない。でも、ネットでのエントリーシート方式だけは本当にネットが産んだ悪いシステムだと思う」と言われていたのですが、まさしくその通りだと思います。そういったやり方で本当に就職したい会社を選べるのか?選ばれるのか?は大いに疑問だと思っています。

ということで、メディヴァの新卒採用は、トラディッショナルに、大学の学生部や就職課等への募集と、口コミとセミナーで行うことにしています。時期的にも世の中の就職活動花盛りの期間をあえて外しました。

こういう募集方法は、メディヴァが新卒にオファーできる価値は何か?を真面目に考え直す機会になりました。ベンチャーなので当然、世間一般での履歴書的価値は高くないでしょう。世の中のお作法や組織の泳ぎ方も必ずしもきっちり教えることはできないかもしれません。

ただ、まだ社員数が100名くらいの会社なので、意欲と能力さえあればどんどん自分で仕事を作っていくことも可能ですし、どんどん任されます。その結果、成長速度は速いと思います。メディヴァが外からも注目いただいているミャンマーへの医療支援も地域包括ケアシステム構築も入社2年程度の若手新卒社員が構築し、引っ張っていった事業です。メディヴァの開業支援の要も、通所介護事業「ぽじえじ」の立ち上げも新卒の若手社員が担っています。

まず第一回の新卒向け会社説明会を来月6月3日にやります(好評なら第二回もやります)。インターン候補も歓迎なので、周りにご興味がありそうな方がいらしたら、ぜひ拡散してください。どうか宜しくお願いします!

新卒採用情報ページはこちら