メディヴァは、医療界におけ
「革新と新し「価値創造
実現を目指します。

We must always ask ourselves:常に問うべきこと

Are we innovative? 我々は革新的か?

Are we creating value for our patients and clients? 我々は患者さんとお客様のために新しい価値を創造しているか?

Do we excite the best people? 最も優秀な人材が集まり、楽しんでいるか?

医療界に革新を
新しい創造を

メディヴァは2000年に、医療界に問題意識をもったコンサルタントと医師により設立されました。現在は国内外で医療のみならず予防や介護に取り組む「トータル・ヘルスケア・コンサルティング&オペレーション・カンパニー」(Total Healthcare Consulting & Operation Company)です。
メディヴァはアルファベットでは、Mediva=Medical Innovation and Value-Added(医療分野における「革新」と「価値創造」)を意味します。業容は拡大しましたが、「革新を。新しい創造を。」これが私達の変わらない願いです。

患者と医療者の
共通解を探り、継続させる

医療界に「革新と創造」をもたらすために、私どもはまず「患者視点」に立ってものごとを考えてきました。但し、「患者視点」に立つことは、必ずしも一方的に「患者さんの言い分を聞く」という意味ではありません。「より良い医療を受けたい」という患者さんの願いと、「より良い医療を提供したい」という医療者の思いの両方を受け止め、その「共通解」を探っていくことが、メディヴァのミッションです。

また、その「共通解」は継続できるものでなくてはいけません。そのために、医療機関が、「経営的に健全」であることは必須条件です。メディヴァは、医療界の中に深く入り込んだ医療界特有の経営ノウハウとともに、医療界外の他産業の経営ノウハウも活用しながら、「健全な経営」を追求します。医療界での経営には、医療界特有の知識も必要ですが、それに囚われません。医療界特有の知識と革新的で創造性の富む新たな解の融合が、長期的・継続的な健全経営には求められています。

※上記はメディヴァの原点である「医療機関の改革」を考える上の出の当社の基本的な行動原理ですが、予防・介護分野でも同様の考え方に基づいて活動しています。

提案し、実行する、
「コンサルティング・オペレーター」

メディヴァは業種で言えば、「コンサルタント会社」です。しかしながら、メディヴァは単に「提言する人」ではなく、「一緒にやる人」であることを目指しています。提言した後、実行に移し、成功するところまでトコトンお付き合いをさせて頂く。そのためには、現場に一緒に入ります。現在、再生案件でも地域包括ケアづくりでも、商品・事業開発でも、現場に入り込み、クライアントの皆様と一緒に仕事をさせて頂いています。私達は、これを「コンサルティング・オペレーター」と呼んでいます。

「無人島」に街を!

メディヴァが良い「コンサルティング・オペレーター」になるためには、よい「人材」が重要です。当社は採用にあたり、医師、医療・介護経験者だけではなく、ヘルスケア分野に問題意識や興味を持つ人であれば、経験、年齢、バックグランウドを問わず歓迎しています。バックグラウンドが何であれ、自分の考えをしっかり持っている人、自立して仕事ができる人、成長したい人、楽しく仕事ができる人を求めています。

メディヴァの社内で「無人島に街を作る」という標語があります。当社が行なっている仕事の多くには、先例がありません。「無人島に街を作る」が如く、自分で街を構想し、木を伐り、食料を確保し、仲間を呼び集め、力を合わせ、やがて大きな街が出来ます。勿論、街のつくり方は指南します。コンサルティングの基本的な問題解決力や、医療・介護界での知識は教えますが、まずは無人島を「楽しむ力」、「構想する力」、「仲間を呼び集める力」を潜在的に持っている人財を求めています。事実、新卒でも、業界未経験でも「街」を作る人はいますので、興味があれば覗きに来てください。

患者さんと良い医療、ご利用者さまと良い介護、日本の医療・介護と世界、”無人島に街を作りたい”人材と医療・介護界など、いろいろな橋渡しを行ない「革新」と「価値創造」を実現する。これがメディヴァの願いです。