2019-07

医療・ヘルスケア事業の現場から

アラビア女性健康増進事業整備促進プロジェクト(1)│GLOBAL

海外事業部コンサルタント 木内大介メディヴァでは、経済通産省の平成29年度医療技術・サービス拠点化促進事業の一環で、サウジアラビア女性健康増進事業整備促進プロジェクトを行いました。今回から3回にわたり、サウジアラビアにてプロジェクトをする...
クリニック開業・運営支援

メディヴァ九州支店 開設記念セミナーのご案内(申込みは終了しました)

メディヴァは、新たに開設した九州支店を拠点とし、地域の医療・介護の価値創造と変革に貢献すべく、8月6日に無料セミナー『地域を支える医療と介護の課題と変革』を開催します。参加申し込み〆切前ですが、定員に達したため受付終了とさせていただきます...
医療・ヘルスケア事業の現場から

社会医療診療行為別統計を分析しました

平成30年社会医療診療行為別統計(6月審査分)が公開され、弊社で在宅医療のコンサルティングを担当する荒木、久富が速報値を分析しました。 在宅医療を受ける患者(在宅患者訪問診療料の算定件数)は、約75.5万人で前年の約71万人より約4...
医療・ヘルスケア事業の現場から

後発品使用体制加算の取得について

コンサルティング事業部コンサルタント 松葉 広昭この投稿は、後発品使用体制加算の取得についてです。医療機関が、後発医薬品の割合を上げることは薬価差益による収入の減少につながります院内処方のクリニックにおける、実際の事例とシミュレーション結...
医療・ヘルスケア事業の現場から

クリニックの経営改善事例のご紹介

コンサルティング事業部江原 修司当社では病院、診療所、介護事業者、行政機関などに対し、多岐に渡るコンサルティングを行っています。今回は診療所における大幅な業績改善事例を、その過程の施策とともにご紹介します。診療所を取り巻く環境当該診療所は...
医療・ヘルスケア事業の現場から

赤字病院の経費節減の方法「適切な経費コントロールという自助努力」

コンサルタント 小嶋 武仁「病院現場業務」とは広義で申し上げると、病院の経営再建の為、我々がコンサルタントの立場で現場に入り込み、様々な課題解決を通して経営立て直しのお手伝いをすることです。経営悪化と一口に言っても、原因は様々です。診療報...
クリニック開業・運営支援

『在宅医療 経営・実践テキスト』出版のお知らせ

7月11日、メディヴァのコンサルタント荒木庸輔と村上典由の共著『在宅医療 経営・実践テキスト』(監修:大石佳能子、編集:日経ヘルスケア)が、日経BP社より出版されました。後述「目次」では、試し読みページを公開しております。ぜひご覧ください...
クリニック開業・運営支援

経産省『Healthcare Innovation Hub』のサポーターになりました

メディヴァは、経済産業省によるワンストップ相談窓口団体『Heatlcare Innovation Hub』(以下:イノハブ)のサポーター団体となりましたことをお知らせします。『Heatlcare Innovation Hub』とはイノハブ...
医療・ヘルスケア事業の現場から

第4回 クリニックが置かれている環境の変化 #2

3.医師の数と開業意向医師の数は増えています。医師の数を制限しているのは、主に大学医学部の定員枠と医師国家試験の合格者数になるのですが、大学医学部の定員は少しずつ減ってきています。しかし、それは絶対数のことであり、対人口ではまだ増えている...
メディア

英国スターリング大学 認知症サービス開発センターのサイトで紹介されました

英国スターリング大学認知症サービス開発センター(以下、DSDC)のWEBサイトに、高齢者向けの施設「クレールレジデンス横浜十日市場」で行われたワークショップの報告が掲載されました。■掲載ページ:The Dementia Centre『De...
タイトルとURLをコピーしました